保育士になるための専門学校選びのポイント

子どもに関わる仕事がしたいとの理由で、一般のOLなどから保育士への転職を目指している人が増えています。最近では、保育施設の不足やその労働環境の厳しさばかりが話題として取り上げられていましたが、最近では自治体等の働きかけもあり、労働条件を含め働きやすい環境づくりが行われていることも、転職希望者の追い風になっています。そこで、課題となるのが、保育士になるためには必須である国家資格の取得です。国家資格を取得する方法は2つあり、厚生労働大臣が指定する大学、短大、専門学校などの養成施設を卒業するか、国家試験を受験し合格しなければなりません。

現在、働いている人であるならば、その難易度や学習時間などを鑑み、専門学校を卒業するのが保育士になるには最短のコースだと考えられます。ただし、中には厚生労働大臣の指定校ではない専門学校もあります。この場合、短期大学のカリキュラムを修了する必要がありますから、入学前にしっかりと確認することが大切です。さて、専門学校に入学する際には、2年コース又は3年コースを選択する必要がありますが、将来的に幼稚園教諭を目指すなら3年コースが適切です。

また、夜間コースを開講している場合もありますから、仕事を続けながら通うのか、それとも一旦仕事を辞めて通うのかも決めておく必要があります。いずれにせよ、目的は保育士になることですから、自分が無理なく通って勉強できる環境を選ぶことが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.