保育士の専門学校が国家資格取得に適している理由

仕事のやりがいを求めて保育士への転職を目指す人が増えています。かつては、残業が当たり前である上、重労働であるにも関わらず低賃金であるなど、ネガティブなイメージが先行した感がありましたが、それでは求人を募集しても人が集まらないことから、例えば「残業なし」「パート可」など、様々な人が働きやすい職場環境づくりが成されきており、結婚や介護のため長時間働くことができない人でも就職可能な求人も多く見受けられます。さて、保育士になるための最大の難関と言えば、国家資格の取得ですが、仕事を続けながら取得を目指す場合、独学で国家試験を突破するのは極めて難しいと言えます。そこで、多くの転職希望者が選択しているのが、専門学校への入学です。

厚生大臣が指定した専門学校であれば、最短で2年間のカリキュラムを修了すれば、国家試験を受験しなくとも国家資格を取得することができます。最近では夜間に開講している学校もありますから、仕事を続けながらでも十分に資格が取得できます。また、3年制を選択するなら、幼稚園教諭の資格も取得できますから、自分の将来ビジョンと相談しながら選択すると良いでしょう。さて、保育士の求人ですが、最近では保育施設のほかに企業や商業施設が運営する託児所など、幅広い需要が見込まれていますので、就職に困ることはありません。

もちろん、専門学校でも紹介してくれますし、転職サイトなどでも探すことは簡単です。したがって、どこに相談するにしても、できるだけ早く就職を決めたいのであれば自分の望む条件を明確にしておくことが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.